モデルルームで空室対策。

04.20

スマートフォン・パソコンのポータルサイトで検索した時に掲載される数多くの物件一覧の中で写真は大切です。

その中でもトップに表示される一枚は最も重要。

弊社では写真撮影やウェブサイトでの魅せ方は日々気を使っておりますが、選択肢の中からさらに手に取って頂けるキッカケを考え家具・雑貨を設置してのモデルルーム撮影を行っております。

before

勿論、悪くは無いのですが、お客様が『ワンルーム』で検索した際に同じような物件写真の羅列の中で特段目立つことはありません。

家具・小物を設置してみました。

after

after

いかがでしょうか。イメージがし易く、小物があることで部屋の『サイズ感』も分かり安くなります。新たなお部屋をしている人にとって単純に空の部屋よりも見ていて楽しい。

・古い物件にも有効

例えば最近の建築では見ないこの古臭い四角模様のフローリング。

before

思い切って張り替え工事するしかないのかなと考えていましたが、

after

『ん?』

ヴィンテージ風家具と合わせればどこか不思議とマッチングして味があるフローリングな気がします。

受ける印象が全く変わってしまうのです。

それから和室。

before

畳なんて古い。家具に合わない、と、畳のある部屋が敬遠され選択肢から外される時代です。

和室といえば、ちゃぶ台、こたつ、たんす、障子、そんなものばかりイメージしがちですが、、

after

洋風家具、以外にも合うんです。

 

私もデニム生地のカーテンとかだし合うかなと心配はしていたのですが、思いのほかモダンに仕上がってくれました。



『この物件安くていいけど、和室がね、、』と迷った場合に判断材料の一つになってくれます。

以上『モデルルームで空室対策』でした。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る