© 糸島くらしの不動産セレクト All rights reserved.

糸島。輝く小さな街ランキング世界3位に

「MONOCLE」<海外情報誌>が発表した人口25万人未満の街を対象とする「輝く小さな街」2021年ランキングで、福岡県糸島市が世界3位に選ばれた。

https://monocle.com/magazine/the-forecast/2021/bright-lights-small-city/

玄界灘の恵みと新鮮で安全な農畜産物が手に入る自然の豊かさに加え、福岡市に隣接して都市生活も享受しやすいなどの多面性を挙げ、「生活の質が優れている」と評価された。

 ランキングは今回が2回目。都市とのつながりを保ちつつ「居心地のいい場所」で暮らす価値観の高まりを背景にしている。コロナ禍で生活の質が見つめ直される中で「この視点はより重要になった」と同誌。

福岡市の西側、糸島半島を市域に持つ糸島市は人口約10万人。同誌は「糸島ブランド」の食材が豊かで、若い農業者や小規模な事業者が元気なことに着目。市民は「よそ者」に寛容で、行政の支援もあり、前向きな移住者を引き付けていると分析した。その上で海と山のレジャーを楽しめ、福岡市の通勤圏で国際空港に近いビジネス面の利便性も重要視。糸島暮らしを「素晴らしい選択」と推奨する。

同誌の発表では「世界の住みやすい都市」として16年に福岡市が7位に。今回の「輝く小さな街」ランキングのトップはポルトガルのポルトで2位はベルギーのルーベン。国内では青森市が16位だった。

2020/11/13 6:04西日本新聞 社会面 竹森 太一

関連記事

宝島社・田舎暮らしの本 糸島が特集されました。

宝島社・田舎暮らしの本で糸島物件(鹿家売家、荻の浦ガーデンサバーブ)を特集して頂きました。 番外編では駅前ゲストハウス「前原宿ことのは」の…

お試し移住。糸島ショートステイ出来るゲストハウス三選。

糸島に近年増えてきたゲストハウス。 様々な個性を持ったゲストハウスオーナーとの交流し生の情報を聞き、その地に溶け込み暮らすように旅をするこ…

【最新刊】ぐる~り糸島4発売!

糸島の今を知るならぐる~り糸島。 今年もニューフェイスが続々登場。是非チェックしてみてください! …

糸島でパークアンドライド社会実験スタート。

糸島でパークアンドライド社会実験スタート。 便利と話題の糸島高速バスですが、駐車してから高速バスに乗り通勤するパークアンドライドの実験が始…

空家管理代行サービス。

今年、空き家対策特別措置法が制定され、所有者に撤去や修繕などを指導・勧告・命令できる権限が市町村に与えられ所有者には過料の罰則も設けています…

ページ上部へ戻る